アジアコンサルタント株式会社

研究開発
  1. TOP >
  2. 研究開発

公共投資・生産人口が減少するなか、社会インフラの整備ならびに維持管理は、効率的かつ計画的に推進していくことが重要視されています。
こうした背景のもと、建設事業の一連のプロセスのなかで最上位に位置する測量・調査分野において、近年、ICT(情報通信技術)の導入が注目されています。
当社では、「i-Survey」という独自概念を掲げ、ICTを活用した測量・調査技術の高度化を目指した取り組みを行っています。

保有機器
  • TH9100MR
    PHANTOM 4 RTK
  • F30S
    Trimble TX-8
i-Survey 計測事例はこちら

赤外線サーモグラフィによる熱画像診断

高度成長期に急速に整備された我が国の社会インフラが、一斉に更新時期を迎えています。
老朽化した社会インフラは、サービス水準の低下、防災機能の低下等、安全・安心な国土を形成していくうえで、様々な問題を抱えています。
当社では、構造物等における問題箇所の早期発見を目的として、赤外線サーモグラフィを用いた点検技術の実用化に向けた取り組みを進めています。

当社は、米国のサーモグラフィ計測技術者の資格認定制度である
『サーモグラファ レベルⅠ』の認証を取得しております。

保有機器

  • TH9100MR
    TH9100MR
    温度測定範囲
    -20℃ ~ 2000℃
  • F30S
    F30S
    温度測定範囲
    -20℃ ~ 100℃

計測事例

■ 吹付け法面

  • 可視画像

    可視画像

  • 熱画像

    熱画像

■ 事務所室内

  • 可視画像

    可視画像

  • 熱画像

    熱画像

■ コンクリート構造物

  • 可視画像

    可視画像

  • 熱画像

    熱画像

▲TOPへ